謹訳平家物語読み終わり記念ブログ

妹の金であん肝を食いました

アンビバレント

大島渚アンビバレント、というコラムを読んだことがある。

生まれ育った京都に対して嫌悪と愛情を感じていたようである。

 

それを読んだとき、ひどく安心した記憶がある。嫌悪と愛情は同居していても大丈夫なんだ、と。

それは私が父に対して抱いている感情と同じだからだ。

 

父に対する感情をどこかに吐き出そうとしても、ここではない、ここでもない、と思ってしまってずーっとずーっと長い間悩んだけれど、もうここに書いてしまおう。

仰々しく書いているけど、きっと、こういうアンビバレントな感情を抱いているのは私だけでは無いと思う。

 

父は、私が物心ついた頃からエヴァンゲリオンスラムダンクをテレビでずーっと観ていたと思えば

釣りに出かけて魚を釣ってきたり、休日になれば私と兄弟を連れて色々な所へ連れていってくれた。

目一杯愛してくれている、と思った。

ただ、幼い私がコップのお茶をこぼしたり、冷蔵庫を開けっ放しにしているとそれはもう怒鳴られた。叩かれたこともある。

休日に出かけても必ず怒鳴る。

 

家族でディズニーランドに行った思い出も、メリーゴーランドと共に父が怒鳴る顔を思い出す。

 

昭和の父と昭和の母に育てられた父だから、仕方ないことだろうと今は思うけれど。

 

小学生の高学年や中学生になった時も相変わらず父は休日になると色んなところに連れ出してくれたが、その頃にはもう休日が来るのが嫌で嫌で仕方がなかった。

必ずヘソを曲げて怒鳴り散らす大人がいることがわかっていたらそれはそうだろう。

 

私も些細なことでカチンと来る瞬間がよくある。父の血が流れているな、と深い諦めの感情と自己嫌悪が襲ってくる。

 

高校生、大学生、そして大人になり、友人や1人で行動できる自由さ、本当に幸せである。今ももちろんそう思っている。

 

この頃の父は、休日にただひたすらに録画したドラマとアニメを観ている。

一度母に、「どうしてあんなにテレビを観るの?異常だよ!」みたいなことを言ったら

 

「おばあちゃんが厳しくて、小さい頃は全然テレビを観せてもらえなかったんだって」

 

と言われた。

その瞬間、同情するというか、ああ、私と一緒なんだと思った。

 

先日、大好きなランジャタイを生で観た後、父が車で駅まで迎えに来てくれた。

 

「本当に最高!」「ランジャタイが実在したの!」「夢みたいだった」「もう遠い夢なのかな」と熱っぽく父に語ったら

 

「そりゃそうだろ」「もう現実だよ」「はい現実」とかなり萎えることばかり言ってきた。

 

また少しの怒りと深い諦めの感情がくると同時に哀れに思う感情も沸いた。

 

ずーっと母に否定されてきたんだろうな、と。

 

祖母はそういう人だった。

 

私はただ曖昧に微笑んで、窓の外に広がる片田舎の景色を無言で眺めて時間が過ぎるのを待っていた。初めてのランジャタイのライブの余韻にただ浸ることにして。

 

前に一度だけ、どうしても納得ができず、怒鳴る父に対してこちらも怒鳴りかえして応戦したことがある。

私がしつこく言い返していたら、父が「もう沢山だ!」と部屋を出て行ってしまった。

スッキリしたと言えばそうなのかもしれない。少しだけ、幼い私の仇をとれたのかな、と思った。でも、虚しかった。

 

この輪廻を断つのは私自身だと強く自分に言い聞かせている。あなたのことは大好きだけど戦っていくよ!どこまでも。

6/27 グレープネタライブの追記

朝起きて現実がバシバシ刺さるな…昨日に戻りたい…

 

6/27で思い出したことをここに気がついたら追記していく。人生初生ランジャタイだったから…長期記憶にしたい…記憶、定着していてくれよ…

 

ランジャタイの2人が登場した時、国崎さんのジャージのお腹あたりに茶色っぽいシミがあった。なんかこぼしたのかな…今日できたのかな…それとも、ずーっとあるシミ…?色々考えてしまった。

 

今考えると、目に焼き付けることしか頭になく、トークの内容覚えてない!と思った。

 

思い出した!

国崎「焼けたねえ!海、行ったんだって?」

(ここで、「なに急に…」と伊藤さんが呟いていた。たぶん。)

伊藤「いや、行ってないですよ」

国崎「嘘、さっき行ったって言ってたじゃない!」

伊藤「なんで言うの」

というやりとりがあった。

「このご時世ですからね。移動はね…バベコンブの川副くんと行きました。バベコンブ、観てあげてくださいね」と言っていた。綺麗な海で自撮りする伊藤さんの写真、見たよ。コンビでちゃんと雑談している事実にも痺れました。最高。

 

パーティ内山さんがネタ中に自分が出演しなかったので、中MCで出演予定で本人も快諾したということだったのだが、まさかの帰宅。国崎さん大受け。やば!!!!!!!と嬉しそうに爆笑していて楽しい気持ちになった。パーティ内山さん、マジでやばい。しかもにこやかな笑顔で帰ったらしい。それを聞いて国崎さんはまたも大受け。

ちなみに、海外セレブの映像に日本語字幕をつけるというネタ。ウィルスミスの映像の時に会場が「これ今なんの時間???」という感情に包まれた。めちゃくちゃ面白くて爆笑してしまった。

 

あと、M-1の予選で持ち時間がなくなり警告音が鳴る中、弓矢のネタで国崎さんがネタを終わらせる気配が無いため、(3本目の矢を打ったところだった)国崎さんの前に伊藤さんが身を乗り出して必死の形相で「終わりだよ!!!!」と止める話もしていた。必死の形相の伊藤ちゃん、見てえ〜

 

そういえば、最初のMCでポンループのアミさんが急遽出られなくなり、相方の鈴木さんのみの出演のアナウンスがあった。その時国崎さんが「僕はこういうのね、大好物ですから」みたいなことを言っていた。イレギュラーで芸人がピンで出る、みたいなそういうシチュエーションが好きなんだそうだ。そして伝説になるであろうポンループ鈴木さんのピン芸に繋がるのだった。今考えると、後輩をおいしくしているいい先輩だよなあと思う。袖から爆笑していたし…スベっても、国崎さんのことだから面白おかしいエピソードトークに昇華されるし…

 

友人はライブが始まる前に客席をチラチラ覗く国崎さんを見たそうである。羨ましい…私の席からは見えなかった…

 

あ!そういえば、国崎さんのズボン(パンツよりズボンのほうが国崎さんにおいてはふさわしい気がする)のポケットにスマホの形がくっきり浮き出ていて、あ、スマホ入れてるって思った。なんの話だ。

 

骨格を見る上で手首の骨をチェックするのだが、伊藤ちゃんの手首の骨がボコってどころじゃなくドカーンと出ていた。特徴的な手首。ベリーグッドである。

私の独断の骨格の見立てだと、伊藤ちゃんウェーブ、国ちゃんストレートだと見ています。伊藤ちゃんは足のラインに抑揚がないし、華奢で、鎖骨も見えている、腰回りに脂肪がついている、身長の割に靴のサイズが大きい。

国ちゃんは、首が詰まった服を着ると苦しそう、開襟のスーツが似合う、ハリのある肌、上半身に厚みがある、手が小さめ。多分合っていると思うんだけど…

 

会場整理をしてくれていたのはてるてる娘のおふたりだった。おふたりとも非常に若々しくて素敵で輝いていた。漫才も面白かった!良ければマスクどうぞ、と言われてグレープのマスクをもらった。

f:id:alkasumi05110521:20210707225101j:image

グレープの芸人さんがほぼつけてるやつだー!とニコニコになった。

 

 

 

 

6/27 グレープもぎたてネタライブ

グレープもぎたてネタライブに行った。

 

恥ずかしながら、お笑いの劇場に行くのはよしもと以外では初めてである。

お目当てはランジャタイ。

 

まず、新宿という場所を避けてきた人生(どんな人生だ)なので辿り着けるか心配で、YouTubeで道順の動画を観、Googleストリートビューでまた道順を観て

あげく開演の1時間以上も前に新宿駅に到着し、会場まで下見をするというヤバ心配性ぶりを発揮した。

おかげでスムーズ…には行けたのだが、

 

会場入り口で体温がなぜか7度8分もあると言われ、同行した友達も熱があると言われて、「あれ?観ないで死ぬのか?」と思ったが、計り直して無事に入れた。

そしてモタモタしていたにも関わらず、前の方の席に2人とも座れてひと安心。

 

さー楽しもう!と思っていたら

まさかのランジャタイがいきなりMCとして出てきてどぎまぎして友達と何度も顔を見合わせてしまった。伊藤ちゃんはマヤ文明らしさ溢れる緑のTシャツを、国ちゃんはピンポンのTシャツにいつもの黄色ジャージ。

 

ランジャタイって実在するんだ…と思った。

2人とも小柄で、いい意味でオーラが無い。すごく親しみやすくて可愛らしい2人だった。男性、ということを全く感じなかった。

 

一瞬ウッ、と込み上げるものがあったのだが、その前に友達に「生で観ても泣くわけない、ランジャタイで泣いたら激ヤバ」と言いまくってしまったので泣くに泣けなかった。

 

なんせ近い!手を伸ばしたら触れる距離だった…

ここでいつもの変態を発揮し、目の前に来た伊藤幸司を舐めるように見つめてしまった。

本当に、ただ、美しい…と思った。あと真っ赤なスニーカーの靴紐がとけそうになっていた。この状況が信じられなくて、伊藤ちゃんの靴のゴムの横の四角い柄をずーっと見つめていた。

 

あと、国崎氏の肌がイエベなのかブルベなのかわからなかったので、今しかない!!!と思い、めちゃくちゃ肌と腕の血管を見まくっていた。(今考えると正気の沙汰ではないな)ブルベ冬かと思っていたが、イエベ春かもしれないな…と思った。結局よくわからない。伊藤ちゃんはイエベ秋だと思うけど…

 

グレープカンパニーの芸人は有名どころくらいしか知らなくて、今日のメンツではランジャタイ、あぁ〜しらき、カカロニお見送り芸人しんいち、八幡カオルくらいしか知らなかったのだが

 

TCクラクション(初めて知りました)の美容院のネタが面白くて面白くて、ゲラゲラ笑いこけてしまった。その後の中MCで国ちゃんも「すごいウケてましたね!キングオブコントこれで行くか?」みたいなことを言っていた。本人達はそこまで手応えがなかったのかもしれないけど、めちゃくちゃ面白かったから決勝いけるんじゃ?と私は勝手に思う。本当に面白かった。

 

ポンループのアミちゃんが諸事情により出られず、相方の鈴木さんのみでピンネタをすることになり、中MCで国崎さんがネタを考えていた。全てこの後鈴木さんがやるであろうネタを披露していたので「笑えるのか…?」と内心思っていたのだが、そこは国崎さん、中MCで盛りに盛り上げ、「ポンループ鈴木」と呼び上げただけで笑いが起き、ネタ中も大爆笑だった。実際めちゃくちゃ笑った。ネタ中、袖から覗く国崎さんが見えたのだが、大爆笑していた。弾ける笑顔、忘れたくない。

 

最後にアンコール?で鈴木さんが登場し、ブリッジの時だけランジャタイが出て3人でブリッジをやるというカオスな空間になっていた。

伊藤さんのブリッジが本当に下手でめちゃくちゃ笑ってしまった。1人だけ振りが違うし動きも変。国ちゃんはオリジナルの動きを付け足していて、はあ、上手いなあと感心した。ランジャタイ、本当にいいコンビである。私はこの光景を一生忘れない、覚えていたいと思った。

 

伊藤ちゃんの靴紐が、MCで登場するごとにどんどんほどけていくので気が気じゃなくなり、「頼む、直してくれ…!」と思っていたら中MC3回目?くらいで直っていた。直っていたのだが、蝶々結びではなく、輪っかがひとつだけの結び方で、靴紐と靴紐の隙間にギチギチに差し込まれていた。絶対にほどけさせない、という強い意志を感じた。それは、国ちゃんのような運動量の人がするやつだろ、と反射的に思ってしまった。

 

大トリはランジャタイ。富山県のローカル番組を持ちたい、でも持つのは50年後というネタ。めちゃくちゃ面白かった!まず、富山県柴田理恵というのでもうめちゃくちゃ面白い。柴田理恵というアドバンテージ。ネタ中にM-1グランプリの歴代王者を伊藤ちゃんが全て言っていくのだが、これ、この会場で知ってる人って伊藤ちゃんだけなんじゃないか…?と思った。2001〜2010まですらすら言えていて、すごーい、と思った。国ちゃんが「正解!」と言っていたけど本当にわかってたのか謎。相変わらず最後までのネタのたたみかけが素晴らしく、呼吸困難になるかと思った。伊藤ちゃん最終形態を見たい。

 

会場を出た後、友達とヤバいヤバいと言いあった。本当に楽しくて、近くて、生命の…営み!みたいな変な感情が湧き上がってしまった。最高に幸せ空間だった。

グレープのこのライブでは皆全力でやってるんだな…ということがバシバシと伝わってきた。多分、全力でやってるんだろうけど、1日8ステ!みたいな芸人さん、たまに流している感じがどうしても見えてしまう時があるんですよ。それは仕方ないことですし、責めるつもりも全く無いのですが…

 

動きまくる国ちゃんの顔が紅潮し、汗が吹き出していき、しぶきがパーッと弾ける様子が、スローモーションで見えていた。人生の天井も見えた気がした。

 

 

 

ラジオ

ここでささやかに自慢することにする。

 

昔から、何かのファンになるとその人やその作品のラジオを必ず聴いているのだが

 

投稿したら、ほぼ、メールが読まれる。

 

…自慢してるけど、普通に数で送り続けたら読まれるから全然自慢じゃないのかも…

 

中学、高校時代はエルレのラジオに投稿し、5回ほど採用され

 

FMで好きなバンドがゲスト出演したらそこに投稿し、何度か読まれ

 

テニスの王子様のラジオは結構大変で、一度のみ…

 

私が属していた声優さんのコミュニティで、その声優がラジオ番組にゲスト出演することになり、「よし!頑張って投稿しましょう!」と各々メールを送ったら、まさかのコミュニティ全員のメールが読まれるというミラクルがあった。あれはすごく楽しかった思い出だ…な…青春だ…

 

ジャルジャルが昔ラジオをやっていた時は、質問とネタのお題などで10回いかないくらい…

あとは大喜利配信みたいなやつで一度。

ジャルジャルにはラジオネームもつけていただいた。

 

今はそのラジオネームでランジャタイのラジオに投稿している。

 

ランジャタイのラジオはフリートークがめちゃくちゃ面白く長いので、あまりメールが読まれず採用率が低いのだが、今のところ2回採用になっている。

伊藤さんと国崎さんに1回ずつ読んでもらったのでなんだかゲームクリア感があるが

 

ラジオに採用されるのは何度でも新鮮に嬉しくて心臓が跳ねるので、これからも投稿すると思う。

 

投稿する時は本音で本気でぶつかること。奇襲をかけるような投稿をすること。それを心がけている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羅列

・ついに学生になってしまった。今は怒涛のテスト期間に巻き込まれている。夜学ということもあり、クラスメイトは皆勤勉である。私も怠惰ではいられないよな〜と思いながらテスト勉強だけでヒイヒイ言っている。国家試験大丈夫なのか。心配だ。

 

・ランジャタイの大ファンになってしまった。M-1敗者復活の支離滅裂謎漫才、「国民最低!」事件からどんどん気になってしまい、いつのまにか大好きで生きるのがしんどくなっている。太陽のような人間なのにどこか冷めている国崎、クールなようで、内面はお笑いに熱い、少し残念な伊藤の組み合わせが最高に面白いのだ。ラジオは全て聴いたのでYouTubeを全て観ようと思っているが時間がない。助けてくれ

 

・ぐうたら学生というわけにもいかないので、バイトを始めた。5時間勤務という丁度いい感じでよい。近くの学校の売店でゆるゆると勤務している。クレーマーもいなくて最高!永遠に勤めたい…無理だが…

 

・仕事を辞めてからというもの、10キロも太ってしまった。

5年前から考えると、8キロ痩せる→8キロ太る→7キロ痩せる→10キロ太る…とまあこんな感じである。痩せやすく太りやすいのかもしれないが、現在2キロ痩せた後に体重が動かなくなってしまった。年齢のせいなのか運動不足のせいなのか。両方か。

 

・鍼治療に初めて行ったのだが、あまり効果がわからなかった。その治療院と合わなかったのかもしれない。痛みを取って欲しかったのだが、先生は「痛みよりも可動域云々」と言っていた。おれは痛みを取って欲しいだけで可動域の話を全くしていないのにな…と思った。伝え方が悪かったのかもしれない。モヤ…としたものを抱えてそのままになっている。

 

ディズニーシーへ行った

千葉県在住、無職、同行者は同居の家族、万一感染しても自主隔離できる…

 

うん、大丈夫そう!

 

ということで東京ディズニーシーへ行った。

チケット取れたのが奇跡に近い。運を使い果たしたかもしれないな…

 

f:id:alkasumi05110521:20210212002207j:image
f:id:alkasumi05110521:20210212002210j:image

 

ガラッッッガラだった。

クルエラが来てるのにこの閑散具合。

 

なんというか、人がいなさすぎて逆にクルエラに近づけなかった。もちろんソーシャルディスタンスという面もあるんだけど…

 

アトラクションはたまに10分、15分待ちの時間帯があったけどほぼ5分待ち…というか、アトラクション乗り場まで直結で乗れた。

 

インディージョーンズのやつは、乗り場までの道のりがマジで長くて、徒歩5分やな…と思った。

 

タワー・オブ・テラーの係のお兄さんは「5分待ちなのであと70回乗れますからね」と言っていた。

センターオブジアース(第一生命)で並んでいた時、前にいた女の子は6回乗ったって言ってた。

 

最高の時間を過ごさせてもらったんだけど、経営的にはかなり厳しいよね…

私は無職だし、もうすぐ学生の身分なのでお土産とか少ししか買えなくて申し訳ないな…

 

すごく楽しかったです!

 

f:id:alkasumi05110521:20210212005639j:image

 

昼ごはんはカレー。オレンジゼリーとマンゴー入りのラッシーがうまかった。同行者である母はラッシーってなに?と言っていた。知らない世代…?

 

f:id:alkasumi05110521:20210212003203j:image

 

おやつ。ここもドリンクがおいしかった。なにせ外で並ばずすぐアトラクションに乗れるし、歩き回るから真冬でも全然暑かった…寒いと思ってたから着込んでたし…氷にも味がついててかなり良い。真夏だったらひと飲み。氷もガブガブ食べた。レストラン限定のドリンクって飲んじゃうんだよな〜

 

f:id:alkasumi05110521:20210212003539j:image

 

人がいないのでワシのようなアラサー陰気太郎にもめちゃくちゃポーズをサービスしてくれた。デイジーちゃん…好き…

 

f:id:alkasumi05110521:20210212003829j:image

 

夕食は予約客のみのレストランへ。19時で閉園なのでラストオーダー17時30分という謎の時間だったがディズニーだと全然食べられるんだな〜…ワシがただ食い意地がはっているだけかもしらんが

 

園内は感染症対策がきちんと取られており、ソーシャルディスタンスの目印の線だったり(ときおりそれをめちゃくちゃ超えてくる人がおり不愉快になったが)消毒液もところどころにあった。

 

早く元の世界に戻るといいなあ…

 

 

 

そういや最近酒飲んでないな、と思い久しぶりにほろよいを買った。三分の一ほど飲んだところで視界がグラついたので残りは冷蔵庫に保存した。

 

めちゃくちゃアルコールに弱い体質で、ほろよいを一缶全て飲もうものならば、顔は紅潮しひどい頭痛に襲われてしまう。

なので、ほろよいは2、3日に分けて飲むのが私の飲み方なのである。そして必ず食後に飲まないといけない。全くアルコールを分解できない身体なんだと思う。

 

前にテレビで「日本人でアルコールをほぼ分解できない体質の人がいるが、それは進化と考えられている」と観たことがある。

お!じゃあ私は進化の最先端じゃん!と心が明るくなったのだが、どうしてアルコール分解できないのが進化なのか早く解明されないかな…

 

酒が飲めないので、居酒屋に行っても売り上げに貢献できなくて申し訳ない…と思って行くのが遠ざかってしまうのだ。そのかわり、行く時はめちゃくちゃ食べるようにはしている。

 

このコロナ禍においては居酒屋は自粛ムードになっているから長い間行ってないけれど…居酒屋のしょっぱい料理食べたいな〜…

 

そういえば、「酒飲めないんです」って答えたら「え!?普段何飲んでんの!?」って言う人マジでなに?水もお茶もジュースも牛乳もあるんですけど!お前は常時酒飲んどんのかアホって言いたくなるね…